2014年10月06日

ハープスター 最後方から末脚及ばず…6着/凱旋門賞



<凱旋門賞>◇5日=仏・ロンシャン◇G1◇芝2400メートル◇3歳上◇出走20頭

 【パリ5日=太田尚樹、松田直樹】日本競馬界の悲願は、またもかなわなかった。凱旋門賞(G1、芝2400メートル)がフランス・ロンシャン競馬場で行われ、ハープスター(牝3、松田博)が6着、ジャスタウェイ(牡5、須貝)が8着、ゴールドシップ(同)が14着と完敗した。昨年の覇者・トレヴ(牝4、フランス・ヘッドマーレック)が77、78年のアレッジド以来の連覇を達成した。

 パリの秋風が、敗者となった日本馬3頭に冷たく吹きつけた。日本の3歳牝馬として初めて挑戦したハープスター、世界ランク1位のジャスタウェイ、G1・5勝のゴールドシップ、最強の日の丸トリオを持ってしても、堅く閉ざされた扉が開くことはなかった。69年スピードシンボリの日本馬初挑戦から45年、悲願はまたも持ち越された。

 直前のオッズで1番人気に支持されていたハープスターは、いつものように末脚勝負にかけた。533メートルの直線は20頭の最後方、大外から脚を伸ばしたが、ライバルの背中は遠かった。見せ場はつくるも、日本馬最先着とはいえ、結果は6着。川田は「これだけの期待をしていただきながら結果を出せずに、申し訳ありません。馬は頑張ってくれました」と唇をかんだ。松田博師は「いつものパターンで負けたんやから。レースも終わったし仕方がない。よく走った方だと思う」と話し、帰国後の状態次第で11月30日東京のジャパンC(G1、芝2400メートル)か12月28日中山の有馬記念(G1、芝2500メートル)に参戦する意向を示した。

 世界ランク1位のジャスタウェイは8着に敗れた。「思ったよりもポジションが後ろになってしまった。最後は伸びている。距離は大丈夫。反応が鈍かったけど、馬場もいつもと違うから…」と福永。スタート直後はインの後方4番手。徐々にポジションを上げていったが、ドバイデューティフリーで見せた爆発的な末脚は最後まで影を潜めた。

 ゴールドシップはスタートは最後方からの競馬となった。直線手前、得意のまくりに打って出たが、最後は力尽き14着に失速した。「いろんなことがあったが、馬は本当によく頑張った。皆さんが思っているほど世界は甘くないということです」と横山典。ジャスタ、ゴールドを送り出した須貝師は「世界は甘くない。厳しい競馬になってしまった」と表情を曇らせた。

 最強トリオでも越えられなかった高い壁。またしても日本の競馬界は厳しい現実を突きつけられた。それでも夢への挑戦は終わらない。またもう一回り成長し、この舞台に戻ってくる。






posted by ゴールデンクロス at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

日本は世界で一番素晴らしい国! 日本人は胸張って世界に誇ろう!

 
偶然YouTubeで見つけた『日本ほど素晴らしい国は世界中のどこにもないだろう 元名古屋グランパスエイト監督アーセン・ベンゲル
 
 
この動画を見て我が国、日本に生まれた事の幸せを改めて感じます。

 と同時にこれからの日本への希望の光も見えて来ます。



 今、日本では将来の年金問題やら、人口減少によるGDPの低下など多くの深刻な問題を抱えていますが、戦後復興から今までが豊か過ぎただけで、世界からみたら日本ほど幸せに暮らせる国はひとつもないんだなあと改めて認識させられます。

 日本人は実際の日本の良さを全くわかっていない、今までの豊かさと比べて文句ばかり言っている人が多い。

 日本に住んでいる私たちにとっては当たり前過ぎる事が欧米から見たら驚異的であり、羨望の的だという事を文字通り「有り難い」事だということに気づいて自信を取り戻してほしいですね。

ラベル:日本
posted by ゴールデンクロス at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ケアプロスト Careprost
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。