2013年11月10日

フィリピン:1万人超が死亡か…猛烈な台風直撃

猛烈な台風30号が直撃したフィリピンで、ロイター通信などは10日、地元警察幹部らの話として犠牲者は1万人以上にのぼる見通しであると伝えた。

 同通信などによると、台風の直撃を受け最も被害が大きいとみられる中部レイテ島では、犠牲者は地元政府の推計で少なくとも1万人にのぼる。多くが水死や倒壊した建物による圧死だという。

 フィリピン国軍や警察に加え、国連の専門チームなどが現地入りして救助活動を本格化させ、被害状況の把握を急いでいる。

日本であまり報道されていないのはなぜ?これが現地の報道。もう無茶苦茶すぎて、かわいそうで声も出ないですね。



台風30号に直撃され、がれきだらけになったフィリピン中部レイテ島のタクロバン空港
=2013年11月9日
レイテ島2.jpg

フィリピンのレイテ島ってどこ?
レイテ島.jpg

<私の意見>
台風による被災者、1万人って日本の東日本大震災並みの被害じゃないですか?異国の地での出来事ですが、大変ですね。フィリピンは今、開発が進んで急速に近代化している真っ最中です。なんか神様が自然を破壊する人間に警告を発しているように思えるのは私だけでしょうか?
レイテ島は行った事が無いのですが、フィリピンのセブ島なんて日本人にとっても住みやすいリゾート地としてとっても良い所なんですがね。
posted by ゴールデンクロス at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ケアプロスト Careprost
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。